産後の抜け毛 ヘアサイクル

ヘアサイクル(毛周期)とは?

お肌に新陳代謝(ターンオーバー)があるように、髪には、ヘアサイクル(毛周期)があります。
髪の毛は「成長期」「退行期」「脱毛期」という3つの期間で発毛と脱毛を繰り返しています。

 

<正常な毛周期(ヘアサイクル)>

成長期

簡単に言うと、髪の毛が伸び続ける期間で2~6年といわれています。

 

【成長期Ⅰ・初期】毛細血管から取り入れた栄養から、毛球部で毛が製造されます。毛母細胞が分裂を繰り返すことで、髪の毛が成長しています。

【成長期Ⅱ・中期】

毛母細胞が活発になり、どんどん髪の毛は伸びていきます。

【成長期Ⅲ・後期】

成長後期になると、作られた毛を上部に押し上げ、髪の毛は表皮の上に現れどんどん伸びていきます。

 

退行期

髪の毛の成長が弱まる期間のことで、2~3週間といわれています。

毛を成長させていた細胞分裂が停止し、毛と毛に栄養を与える毛乳頭の結合が弱くなります。

この頃、毛穴の萎縮も弱くなり、毛を引っ張るなどすると簡単に抜けてしまう状態にあります。

 

毛が抜けると、バルジ領域という所から毛を作るための発毛因子、毛包幹細胞が出されます。
毛母細胞の分裂が急激に衰え、色素細胞も活動が緩くなっていきます。

休止期

毛が抜け落ち、次に生える毛を待つ期間で3か月ほど。細胞分裂が止まり、毛の製造、伸長も完全に止まります。
つまり毛が寿命を迎える休止期。毛が毛乳頭から完全に切り離されて抜け落ちてしまいます。
これは次の毛を生やすための大切な準備期間でもあり、毛包幹細胞が毛穴の下に移動しながら細胞分裂し、毛の元となる毛母細胞を作ります。

 

産後のヘアサイクル(毛周期)

産後、女性ホルモンの影響などにより、頭皮が硬くなり、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

 

産後の乱れたヘアサイクルでは、成長期が短いのが特徴です。
成長期が短いので、髪が成長する前に抜け落ちてしまいます。
完全に成長していないので抜ける毛は、細いものです。
また、栄養が運ばれずに髪にコシ・ハリがなくなります。

<産後の抜け毛・薄毛の特徴>

・髪1本1本にハリとコシがなくなる。
・髪が次第に薄くなる
・分け目や生え際の地肌が目立つようになり部分的な薄毛は目立つ